STYLE SNAP Director Fashion Snap

EMMA LIMBERのディレクターが着回すコーディネートスナップ。
私物も織り交ぜながらのリアルなスタイリングをご紹介。

Mariko Yamazaki

Mariko Yamazaki

Director/Designer

Instagram: @zaki_limber

168cm

Kanna Yamamoto

Kanna Yamamoto

Director/Press

Instagram: @kanna_limber

167cm

2020.7.3 (fri)

パット入りワンピで軽やかに。
小物もナチュラルにまとめてワンピを最大限に引き立てました。

2020.7.1 (wed)

ほっそりとしたシルエットのアイテム同士を合わせたIラインのコーディネート。
Tシャツをインすることで脚長効果のあるハイウエストスカートです。

2020.6.29 (mon)

オールホワイトでまとめた夏コーデ。
カジュアルの中で、大胆なバックオープンデザインが際立つ◎

2020.6.19 (fri)

フリンジ×フリンジで夏らしく合わせました。アクセサリーや靴はシンプルに。

2020.6.17 (wed)

フリンジトップスを主役に。1枚でも華やかなのでボトムスがシンプルでも充分映えるコーディネートに。

2020.6.15 (mon)

1枚で楽に決まるロンパースです。ヌーディーな大人カラーにタイダイ柄のターバンでメリハリを効かせました。

2020.6.12 (fri)
  • 2020.06.12
    2020.06.12
    2020.06.12
  • Cotton Mesh Apron

縦ラインを強調したスタイルアップコーデ。ボトムスはハイウエストのデザインがおすすめです。

2020.6.10 (wed)

カラーフリンジが映えるようにシンプルにオフホワイトのパンツを合わせました。
アメスリなので腕が長く見えるニットです。

2020.6.8 (mon)

裾からちらっと見えるタイダイ柄のパンツがポイント。夏らしいさわやかな組み合わせ。

2020.6.5 (fri)

レイヤードで透け感を楽しめるコーデです。バックスタイルも印象的に。

2020.6.3 (wed)

フリンジの印象的なスカートに、トップスもあえて色物にしてカラーを楽しんだコーディネートに。

2020.6.1 (mon)

セットアップにストライプ編みのニットを合わせました。アメスリで肩を見せつつ着ると抜け感が出ます。

2020.5.29 (fri)

爽やかで大人見えもする色の組み合わせ。シンプルなのでタイダイ柄のスカーフでポイントをプラス。

2020.5.27 (wed)

袖のボリュームと襟ぐりの開きがポイントのブラウスで、サロペットのインナーとしてもバランス良く着られます。

2020.5.25 (mon)

インドメッシュの着心地の良いポンチョにサテンパンツのてろっとした素材感とのバランスがお気に入りのコーデ。

2020.5.22 (fri)

360度綺麗なシルエットなので1枚で決まるドレスです。ポシェットを斜め掛けでポイントに。

2020.5.20 (wed)

トップスとスカートのバランスが絶妙なコーデ。
どの角度から見ても可愛いです!
靴を黒にして大人見え。

2020.5.18 (mon)

パープルとタイダイのカラーの合わせが夏に映えます。足元はクロでメリハリを。

2020.5.15 (fri)

首元を広めに出して、重くならないように。
シューズにパイソン柄を持ってきて、引き締め役に。

2020.5.13 (wed)

ブラウスの袖ボリュームが引き立つようにタイトなニットスカートを合わせました。バックスタイルは背中見せと裾のスリットで程よい肌見せです。

2020.5.11 (mon)

ワンピースの丈とバランスを取るためにシャツは前結びに。
カラーアイテムに足元はホワイトの組み合わせおすすめです。

2020.5.8 (fri)

ニットアップにアニマル柄を合わせて今年らしく。白の小物を合わせて軽さを出しています。

2020.5.6 (wed)

ボリュームのあるワンピにはヘアアレンジはすっきりとまとめるのがバランス◎

2020.5.4 (mon)
  • 2020.05.04
    2020.05.04
    2020.05.04
    2020.05.04
    2020.05.04
  • Cotton Mesh Poncho
    ¥ 12,000 + tax

軽やかなメッシュポンチョをリブタンクとデニムでとことんカジュアルに合わせました。
足元は華奢なサンダルで抜け感を。

2020.5.1 (fri)

裾に向かって透かし編みになっているクロシェトップスに同じく透け感のあるシアーパンツを合わせて
素材感と軽さを楽しめるコーディネートに。

2020.4.10 (fri)

カラーインナーとオフのボトムで目線が上がりロングガウンでも軽い印象で着られます。
淡い色で合わせるとパイピングのブラウンが効きます◎

2020.4.8 (wed)

ブラウスを目立たせたくて、ボトムはシンプルにデニムで。
ボリュームのあるブラウスなので、すっきりとしたシルエットのボトムがおすすめ。

2020.4.6 (mon)

それぞれ違う素材感の柔らかい色で合わせました。
チュニックのサイドはボタンを開けてスリットに出来るのでシアーシャツを見せながら着るとバランスが◎

2020.4.3 (fri)

裾から覗くシアーがコーデを軽く見せてくれる◎
シアー素材のアイテムを1点プラスするだけで、一気に今年らしく。

2020.4.1 (wed)

光沢のあるサテンとシアーなメッシュのレイヤードが春らしいです。バックスタイルまで抜かりなく印象的なスタイリングです。

2020.3.30 (mon)

テラコッタカラーのニットアップは小物も同系色にしてまとまりのあるコーディネートに。スニーカーでカジュアルに合わせても◎

2020.3.27 (fri)

デニムを足元だけ見せてカジュアルに着ました。ワンピースはカットソー素材なのでリラックスして着れます。

2020.3.25 (wed)

デニムとタンクトップにさらっとガウンを羽織った簡単コーディネート。
カジュアルになりすぎないように足元はブーツで重さをプラス。

2020.3.23 (mon)

カーデのサイドスリットが深いのでフレアパンツを合わせても重くならずバランス良く着れます。
シアートップスを中に着て色と透けの軽さをプラスしました。

2020.3.20 (fri)

全部のアイテムが主役になる、けれど主張しすぎない色の組み合わせに。
袖のボタンを開けて、抜け感を出すのがポイント。

2020.3.18 (wed)

すっきりと縦長のラインを意識したコーディネートです。
ベージュにくすみブルーの色が映えます。

2020.3.16 (mon)

カラーパンツに白ブラウスはこの春やりたい定番コーディネート。
簡単なのに、トレンド感と新鮮さもあって◎

2020.3.13 (fri)

ピスタチオグリーンのコートをデニムと合わせてカジュアルに着ました。
オフのブーツ合わせでグリーンの鮮やかさが引き立ちます。

2020.3.11 (wed)

セットアップはあえてスニーカー合わせして抜け感をプラス。
インナーは白カットソーやロゴTでも◎

2020.3.9 (mon)

春らしいカラーのラベンダーとブラウンにアクセントで柄物パンツを合わせました。
イージーパンツを合わせてもマッチするゆったりしたジャケットのサイズ感が可愛いです。

2020.3.6 (fri)

ニット素材同士の組み合わせも、
表情の違うものを合わせれば
立体感のあるコーディネートに。
さわやかな春らしさは小物を白でまとめて演出。

2020.3.4 (wed)

ブルーのSeika Dressをよりクリーンに見せるオフのMilitary Jacketを合わせました。
ベルトを締めてメリハリを出しています。

2020.3.2 (mon)

オレンジのコートをかっこよく着たくて、
中はシンプルに。
ヘアスタイルもすっきりとさせてコートをメインに考えたコーディネート。

2020.2.28 (fri)

暖色系のカラーで合わせました。裏毛とコンバースでカジュアルに。
シアーコートは柄を透かせて着るのも可愛いです。

2020.2.26 (web)

鮮やかなブルーのSeika Skirtに馴染むように、トップスにはナチュラルなブラウンをチョイス。
絶妙な女らしさとこなれ感が出るカラーの組み合わせ◎